気持ちの整理

7時間、ぐっすり寝る。

Nゲージ鉄道模型、常設、大台支線に、動力集中式列車を乗せる。

30周ほど、走られ、気持ちの整理をする。

「レッテルを張っちゃうぞ」と会社の先輩に言われた、会社員末期。

一人暮らしも慣れ、あの先輩は、病気の妹を、かばっていたなああ。

私は、長男だが、妹のいる、気持ちは、わからなかったなあ。

別の先輩は「家に帰った方が、いいよ」とも云われた。

その意味で、ミレミアム期は、大変だった。

会社は、「私の能力の限界」は、わかっていたようだ。

今を思うと、「実力主義」が、「弱い人の苦しみ」になって現れた。時代を感じる。

制度的に、私は、社会に対して、「能力の限界まで、働いた」、実感が、ある。

本当に大変だった、社会人生活だった、と、今更のように、思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント