乗り物についての思い

鐵道、自動車、船、飛行機、ヘリコプター、宇宙船。

移動できる悦びが、ある。

鐵道で、運転が、テーマ。

自動車も、運転が、テーマ。

船は、面舵いっぱいなど、「船の科学館」で、無線操縦を体験し、より高度な、航行を思った。

飛行機では、「航空科学博物館」で、「シュミレーション」を「零戦」で、体験し、高度操縦を思った。

ヘリコプターでは、「玩具」の体験で、ホバーリング、など、高度で、自分には、向かないと思った。

宇宙船では、「アニメーション」の世界から、今、あるメーカーが、開発する、と新聞記事にあったかもしれない。

無限の可能性を思うと、わくわくする。

鐵道では、700メートルくらいの、今は静態保存されている「いずも号」が、時速30キロくらいで、往復「千頭駅構内」で

体験したのが、1987年11月のこと。ありがたい、貴重な体験。


シュミレーションの体験では、101系のドアエンジン操作体験。

PS13パンタグラフ上げ下げ体験。吊りかけ式駆動体験。

0系東海道新幹線運転席座り体験。

現物のクハ381-6だったと思うが、運転席座り体験。

銚子電気鐵道の1両、お客として座った体験。

などなど、

体が「鐵道」に染まっていて、「鐵道馬鹿」そのものである。

EF80 63号機の運転台に座った。

DD51 1号機の運転台に座った。

この体験が、今の

「EF81」ファンにつながっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント